歳時記

「杞憂」ということ

投稿日:

昨日、我が家のかかりつけ医院へ、月に一度の診察に出かけた。

その数日前に愚妻が先に医院に行っており、愚妻が乳ガンのことを報告すると、

「いまどき乳ガンくらい、大丈夫ですよ」

笑い飛ばしてくれたと感謝していた。

そのことがあるので、医者は私に対しては、

「ご主人、心配しずぎると精神的に参りますから気をつけてください」

そう言ってくれたが、

「あっ、大丈夫です。心配しても何の解決にもならないことは、心配しないことにしているんです」

医者は曖昧な笑顔でうなずいていた。

来月の頭まで、抗ガン剤投与はない。
手術をしても、これから先、転移のチェックが何年も続く。
長丁場である。

ガンでなくても、何で命を落とすかわからない。
ご葬儀に出仕すると、つくづく思うことではないか。

私は「杞憂」という言葉が大好きだ。

中国古代の杞の人が、
「天が崩れ落ちてきたらどうしよう」
と心配した故事である。

昔からだが、私は歩いているときなど、たまに空を仰いで杞の人の心配を想像してみる。

(天が崩れる)

笑いはするが、笑い切れないところに、人間の面白さを見るのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.