歳時記

抗がん剤の第1回投与

投稿日:

愚妻は昨日入院、今日抗がん剤を投与して夕方退院、明日の午後、白血球の注射を打ちに通院である。

1泊2日1通院が、3週間おきに4セット。

「面倒だから通院はカットして、2泊3日にならんのか」
と愚妻に言ったら、ジロリと睨んでいた。

夕方、退院の迎えに行くと、
「もう、つらいのよ」
と、エレベータから降りてきて第一声。

抗がん剤の副作用はつとに聞くところで、可哀相にと思っていたら、

「頭は締めつけられるし、顎はバンドで痛いし、大変なんだから」

何の話かと思ったら、抜け毛防止のヘッドギアのことだった。

実費を払ってつらい思いをして、何と愚かなことか。

「やめるか?」
「もうちょっと考える」

まだ抜け毛にこだわっているのだ。

今日は晩飯に海鮮チラシを食べていたから、抗がん剤の副作用はさほどでもないということか。

いや、わからない。

かつて釣り船に乗ったとき、愚妻は船酔いでゲーゲーやっておいて、陸に降りたら昼定食をパクパク食べていた。
常識では判断できないのだ。

心配するだけ無駄ではないかという思いが、チラリと脳裏をかすめるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.