歳時記

濃厚接触者になった

投稿日:

昨朝、保護観察対象者から来信。
高熱が出たので医者に行ったら、新型コロナと診断されたという。

(ヤバイ!)

対象者が診断される二日前、私は彼と喫茶店で談笑したのだ。

すぐに保健所に電話し、面談の様子を話すと、
「お会いになったのが二日前ですと、濃厚接触者に当たりますね。一週間、自宅にいて外出は控えてください」

おっとりとした声で、冷酷なことを言う。

週末は法事や、お祝い事がある。
週明けは友人と久しぶりに会う予定もある。
マズイなァ。

PCR検査で陰性ならすぐに外出できると思ったが、陰性でも7日待機は同じだとWebに書いてある。
しょうがない。
事情を話し、それぞれ対処していただくことにした。

問題は、我が家である。

濃厚接触のことを愚妻に話すと、
「トイレは二階、私は一階にするから」
即座に言った。

だが、居間でこうして顔を突き合わせて会話している。
むろん、マスクなし。

「おい、トイレだけ別にしても意味がないのではないか?」
異議を口にしたら、ムッとした顔をして、
「自分で思うように感染対策をすればいいでしょう」

対策をするのは私でなく、愚妻のほうではないか。
間違いを指摘すると、これまたムッとして、
「ほっちゃか、ほっちゃか出歩くからそういうことになるのよ」

このくらいの元気があれば、感染対策は必要ないということか。

「コロナ、くるな!」
機嫌を取ろうと私が叫ぶと
「バカなシャレなんか言ってないで、さっさと仕事しなさいよ」

人間、生命力勝負。
濃厚接触ごときで一憂などしている場合ではないのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.