歳時記

チグハグな時代

投稿日:

病院に行けないで亡くなる人が相次ぐ一方、7月の国内宿泊者数が旅行増で3千万人とか。
3千万人をこえるのは、「GO TO トラベル」以来、8カ月ぶりだそうだ。

アクセルとブレーキを同時に踏むというのか、世のなか、なんだかチグハグだな。

テレビは、オリパラとコロナを「手のひら返し」で交互に放送し、ガースー総理は「国民の命」をまもると言いながら、総裁選の権力闘争。

「あれはあれ、これはこれ」
と使い分ける時代になったということか。

つまり、思考も、生活も、価値観もデジタルになったのである。

「多様性と調和」とは、プラスとマイナスがバランスするということ。
言葉を代えれば、みんなが好き勝手をやることをもってバランスがとれているということになる。

だが、旧い価値観を引きずる高齢者はドライに割り切れない。
だから、政治に世のなかに怒る。

「政治家はなにやってるのかしら! よく日本人は黙ってるわね!」
愚妻がプリプリ怒る。

「おまえ、暴動でも起こしたらどうだ?」
「私はいいのよ」
「なんで?」
「高齢者だから」
「後期か?」
「前期よ」

今夜もくだらない話になるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.