歳時記

居直ってみたいものだ

投稿日:

本日、緊急事態宣言の対象地域が広がったとか。
マンボーもそうだ。

「おい、北から順に対象地域を言ってみろ」
愚妻に問うと、
「そんなこと、私にわかるわけないでしょ」

「では、数はナンボだ?」
「そんなこと、私にわかるわけないでしょ」

「子供はパラを観戦できるのに、大人はなぜダメなのだ?」
「そんなこと、私にわかるわけないでしょ」

「で、コロナはこれからどうなるのだ?」
「そんなこと、私にわかるわけないでしょ」

そう、わからないのだ。
私もわからん。
わからないのに家に籠もっている。

なんかヘンじゃないか?

アメリカがさっさと自分の都合でアフガンを撤退した。
あの混沌を観ると、アメリカ恃みにならずで、自主防衛が叫ばれるのは必然だろう。
コロナも、福祉も、防衛も「自助」の時代に入ったということか。

こうした時代に、物書きとして、坊主として、何を発信していくべきか。

難しい。
考えれば考えるほど難しい。

私も愚妻のように、
「そんなこと、私にわかるわけないでしょ」
堂々と居直ってみたくなるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.