歳時記

フランス人の女性記者

投稿日:

緊急事態宣言の解除である。
テレビニュースの街頭インタビューで、若者が言っている。
「心配っスね。解除、ちょっと早いんじゃないっスか」

それを見ていた愚妻が怒る。
「あのコ、自分が外出しておいて勝手なこと言ってるわね」

ごもっとも。

結局、人間は自分のことであっても、視点が「社会的なこと」になると他人事になってしまうということか。

「世間を気にする」とか「世間に負けた」なんて言うけど、自分もまた他人から見れば「世間」であることに気がつかない。

厄介なものですな。

昨日、所用があって都内でフランス人の女性記者に会った。

用件とは関係ないが、雑談で国民性とか文化論が話題になる。

「個人があって社会がある」と考えるのがフランスなら、「社会があって個人がある」と考えるのが日本人ということで一致。

これはフランスに限らず西洋的な考え方だが、「どっちがいいか」という是非論にならないところに、彼女の見識がある。
こういう人と会うのは楽しいものだ。

これも用件とはまったく関係ないが、拙著『リーダーとは「言葉」である』に興味を惹かれて買ってくださったとか。
ありがたいことだ。

自分では意識していないが、考えてみれば、どこで誰が読んでいるかわからない。
そう思えば気が引き締まる。
緊急事態宣言が解除されたからといって、私の生活は変わるわけではないが、外に出て人に会うと、やはり刺激を受けるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.