歳時記

説法とカマキリ

投稿日:

 昨朝、日帰り温泉の露天に浸かっていると、露天の淵をカマキリが歩いている。
 カマキリのことはよく知らないが、目がよくないのか、段差のところまで行って手が空を切ると、ピタリと止まる。
 しばらく佇み、やおら方向転換。

 私の目から見れば、こっちへ行って、あっちへ行けば植木の中に入れるとわかるが、カマキリにはわからない。

 私の視座を「仏」とすれば、カマキリは「人間」ということになるか。

 どこへ進んでいるかわかっていない。
 そろりと歩いて行って、手が空を切ったところで方向転換。
 これが私たちである。

(これは法話でつかえるな)
 気をよくし、風呂から出てから愚妻に話してみる。

 愚妻レベルで理解できるかどうか。
 ここが肝心である。

「おい、露天にカマキリがいて」
「ちょっと、カマキリどころじゃないわよ。女湯の露天は47度あったんだから。熱くて入れやしない」
「飛びこんだのか?」
「まさか。あなたじゃないんだから」

 温度調節に手違いがあったのだろう。
 カマキリの話など、切り出せる雰囲気ではない。
 猫に小判、愚妻にカマキリか。
 
 あのカマキリ、どうしただろうか。
 いまも気になっているのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.