歳時記

蜘蛛の巣

投稿日:

日帰り温泉の露天風呂のすぐそばの木の枝に、蜘蛛が巣を張っている。
ここ何日か、露天風呂に浸かりながら見上げているが、小さな虫一匹かからない。
毎回、露天に身体を沈めるたびに期待を込めて見上げるが、今朝もダメだった。

木の端に隠れてじっとしていればいいと思うのだが、この蜘蛛はちょこちょこ出てきて、蜘蛛の巣を走り回っている。
腹が減ってイラついているのか、せっかちなのか、私は蜘蛛の習性については不案内だが、これでは虫たちに蜘蛛の巣があることがバレバレで、引っかかるマヌケはいまい。

「果報は寝たふりをして待て」
と、運を引き寄せる要諦を教えてくれたのは故安藤昇さんだが、その言葉を思い浮かべながら、露天風呂で声に出さないで蜘蛛に話しかけ、じっと見上げているのである。

風呂から出てこの話を愚妻にし、蜘蛛はなぜちょこまか姿を見せるのか意見を求めると、
「そんなこと、私にわかるわけないでしょ」
一蹴され、
「蜘蛛に聞いてみればいいんじゃないの」
可愛げのないことを言うのだ。

明日は水曜日で、日帰り温泉はオフにしているが、昨日は所用で朝から出かけたので、明日は行くことにしている。

あの蜘蛛の巣に獲物がかかることがあるのだろうか。
かからなくても、命のある限り、蜘蛛はあそこで待っているのだろうか。
それとも「ここじゃだめだ」と見切りをつけて、場所を移動するのだろうか。

蜘蛛に人生をダブらせながら、明日も見上げるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.