歳時記

手作りマスクと修羅場

投稿日:

昨日は友人から、
「マスクは足りているか?」
という電話をもらった。

愚妻は第2波、第3波に備えて万全の体制を取っている。

買うだけでなく、ヒマにまかせてマスクを手作りしているので、ミシンが居間に出しっ放しになっている。

市販マスクにあきたので、私のマスクをつくるよう命じると、嬉々として作業を開始した。

人間は、頼りにされることで存在意義を自覚するということが、実によくわかる。
私が何事か命じると必ずブーブー言うが、ブーブーの一語一語に、愚妻は我が身の存在意義を確認しているのだろうと、これは私の勝手な推測。

で、マスクが完成した。
気に入らない。
上下の寸法が短く、
「これでは、アベのマスクではないか」

クレームをつけ、つくり直させる。

今度はデカい。
「アベのマスクの反対で、〝ベアのマスク〟になっておる」
再び、つくり直させる。

そして再々のクレームにおよんで、ついに愚妻がブチ切れた。
「なによ、マスクくらいで!」

存在意義を確認させるのも、ほどほどにしなければ修羅場になるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.