歳時記

「連帯」から「個」の時代へ

投稿日:

今日、東京都のコロナ感染者は35人と聞いても、
「フーン」
私はさして関心がなくなってきた。

小池都知事もトーンダウン。

6月はすべて2ケタの感染者が続いているが、メディアも専門家も「フーン」といったリアクションである。

第二波が来るまで、こんな気分で推移するのだろう。

トーンダウンどころか、
「あの騒ぎは何だったのか」
と、怒りの論調もある。

倒産した企業、苦しんでいる事業者。
いつの時代も、弱者が泣きを見るのだ。

東日本大震災のときは「絆」が叫ばれた。
コロナ禍は「自衛」である。
「連帯」から「個人」の時代へ。

トランプ、習近平以後の国際社会もしかり。

それがいいのかどうかわからないが、時代は確実に変わりつつある。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.