歳時記

人生のペースダウン

投稿日:

明日から関東地方は梅雨入りとか。
それで今日は粗大ゴミの処分である。
片道30分ほどの処理センターへ2往復した。

くたびれた。

くたびれたが、とりあえずひと安心である。

あとは私の部屋を移すため、ベッドや机の移動があるが、これは愚妻の仕事。
私は朝から道場の仕事部屋に籠もっていればいい。

毎年のことだが、朝の涼しいうちに仕事部屋に入り、一日中、エアコンの部屋にいて、日が沈んでから帰宅する。

すると決まって、
「今日は暑かったわねぇ」
愚妻が言い、
「バカな。わしは寒くて長袖にクツ下だ」

そんな会話が、毎年夏になるとかわされるのだ。

コロナ以後、生活も、仕事も、法務もペースダウン。
ゆったりとして、私としては実に快適である。
これからこのペースでやっていくべく、空手の稽古も週3回を1回にするし、道場での稽古をやめて中学校の剣道場だけにする。

会員は激減するだろうが、むしろそのほうがいいと思っている。
最盛期は120名ほど会員がいたので、稽古は週4日に分けてやっていた。
少子化で次第に子供の数が減ってきたが、それでも大人までいれて現在80名ほど在籍している。

それはそれでありがたいことではあるが、コロナ禍を契機に、
「もういいかな」
という心境になった。

こじんまりと同好の士とだけ稽古をしてこそ、本当の楽しさがあるのではないか。
決断すれば行動は早い。

この歳になればマイペースで、のんびりと前だけを見て走っていこう。
私の人生に「バックミラー」はついていないのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2023 All Rights Reserved.