歳時記

新年会

投稿日:

昨夕、新宿のホテルで、昇空館恒例の新年会。
支部が集まるのは6月の演武会、9月の合宿、そして1月の新年会で、私にとって大いなる楽しみである。

合同稽古会は、私など邪魔になっては申しわけないと思って、たいていパスするのだが、この3つだけは出席することにしている。

昇空館を立ち上げて、今年の5月で23年になる。
大きな組織ではそうもいかないだろうが、小世帯の昇空館には組織としての制約はない。
社会常識と、人間として踏み外してはならない一線に従って空手・古武道を稽古し、そのことが各人の人生に資すればいいと思っている。

今年は、空手が東京オリンピックで正式種目となる。
喜ばしいことだろうとは思うが、
「なぜ喜ばしいのか」
と自問すれば、実はよくわからない。

他のスポーツも、そして人生もそうだ。
優劣を競い、金メダルを獲ることが、そんなに楽しいのだろうか。
価値観を優劣に置くのではない世界に、このころ惹かれるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.