歳時記

時間を追いかける

投稿日:

 昨日は、ノンフィクションノベル執筆のため、某大学空手部OBの方々に集まっていただき、同部出身の某氏について思い出を語っていただいた。
「某」ばかりになってしまうが、現段階では、いろいろと事情もあったりで。
 うまく作品として結実すればいいが、五里霧中を歩くが如しの心もとない状況である。
 とはいえ、出版社も決まっており、溜息をついてもいられないが、やはり溜息。
 仕事も詰まっているので、何とか年末あたりから書き始められればいいのだが。
 昨日、今日と雨。
 ウォーキングは中止だ。
 以前は、雨だと何やらホッとしたものだが、いまは逆で、ガッカリ。
 習慣の恐ろしさである。
 いつぞやも書いたと思うが、何事も習慣化すれば継続できるということだ。
 継続に至るかどうかは分岐点があり、そこに行くまでは坂道を登るがごとくのつらさで、そこを超えれば楽しみ気分の下り坂になる。
 そう思って取り組むと、あまり重荷に感じないものだ。
 いま、ざっと仕事部屋を見渡すと、時計が5つある。
 尋常ではないと自分で思う。
 だが、何をしていても時刻が自然と目に入ってくるため、これは助かる。
 いま14時40分。
 幼児・1年生の稽古まであと1時間20分。
(そうだ、この間にゲラを読もう)
 と瞬時に予定が立つ。
 同時に、幼児・1年生に何を話して聞かせるか、5分ほど考えることにする。
 時計が絶えず、そして無意識に目に入るのはとても助かるのだ。
 自宅は、こうはいかない。
 愚妻がうっとうしがるのだ。
 時計を四方に置けと命じると、
「何時だっていいでしょう」
 とノンキなことを言う。
 バチ当たりも、ここに極まりなのだ。
 私は朝のウォーキングも、必ず腕時計を嵌めていく。
 時間に追われているのではない。
 時間を追いかけているのだ。
 そう思えば、溜息をつきつつも踏ん張れるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.