歳時記

「風刺」と「宗教」と「言論の自由」

投稿日:

 テロは言語道断。
「言論の自由」は保証されるべきだ。
 これは言うまでもない。
 そうとわかっていながら、フランスの政治週刊紙シャルリー・エブド襲撃は、「風刺」とは何かということについて考えさせられる。
 ためしに「風刺」の意味を辞書で引いてみると、
「社会や人物の欠点・罪悪を遠回しに批判すること。また、その批判を嘲笑的に表現すること」
 とある。
 では、「嘲笑」とは何かについて引くと、
「あざけり笑うこと」
 とある。
 さらに、「あざけり」とは何かについて引くと、
「相手をバカにしてからかうこと」
 とある。
 つまり風刺とは、
「バカにしてからかい、笑うこと」
 という意味になる。
 風刺は、ジャーナリズムにとって「寸鉄」の威力がある。
 政治家や実業家、芸能人など、世俗的な利害に絡む人たちに批判はついてまわるし、風刺されて当然だろう。
 だが、宗教に対してはどうなのだろうか。
 それがどんな宗教であれ、「信教の自由」が保証された社会において、「バカにしてからかい、笑うこと」が許されていいのだろうか。
 このたびの襲撃事件は「言論の自由」に対する挑戦とされる。
 まさしくそのとおりだ。
 だが、それは現象面であって、本質は違うところにあるのではないかと、僧籍にある私は思ってしまうのである。
 ここまで書いて、
「疲れが溜まってくると、理屈をこねる文章になる」
 ということに、ふと気づいた。
 そういえば、原稿を書いていて頭が疲れてくると、文章はくどく、理屈っぽくなる。
「読んでいただく」
 という気持ちの余裕がなくなり、「主張」が前面に出て来るからだろう。
 風刺をテーマにこのブログを書き出しながら、話がヨレているのは、
「まさに疲れている証拠だわい」
 と、ひとり納得するのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.