歳時記

「終わりよければ」

投稿日:

 大晦日。
 今年も、今日で終わりだ。
「終わりよければ、すべてよし」
 と先人は喝破したが、「すべてよければ、終わりよし」ではないところに、先人の知恵が見て取れる。
 デタラメに過ごした一年であっても、今日という大晦日を心穏やかに過ごし、
「ああ、今年もいい年であったナ」
 と深く感じ入れば、「この一年、すべてよし」ということになるのだ。
 何やら真宗的な考え方のような気がしないでもないが、「終わりよければ」は奥の深い言葉である。
 昨日、拙宅の庭を見て驚いた。
 いつ買ってきたのか、「プランター畑」のためのビニール温室が、デーンと組みあがっているではないか。
「バカ者、プランターを買うのが先だ」
 と叱責したら、
「プランターはいつでも買えるでしょ」
 愚妻が居直って、
「温室は、天気のいい日に組み立てなくちゃダメなの」
 と反論する。
 楽しみになるはずの「「プランター畑」でさえも、我(が)を通してツノをつき合わす。
 人間は、まことに度しがたいものではないか。
「終わりよければ、すべてよし」で、今日は心穏やかにしていようと、いま自分に言い聞かせたところである
 この一年、ブログを笑覧くださり、ありがとうございました。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.