歳時記

京都より無事、帰還

投稿日:

 昨夜遅く、京都より帰宅。
 10日間におよぶ僧侶の研修(教師教修)は無事、終了した。
 教修の受講者は55名で、これが4班に分かれ、寝食を共にしつつ勤行の実習などをするのだが、早朝から夜まで予定がびっしり。
 62歳の身には、とてもハードなのだ。
 受講者のほとんどが若者で、しかもお寺の後継者。
 落後しないよう、班に迷惑をかけないよう、そのことだけを考えて必死の10日であった。
 ま、それはそれとして、私がショックだったのは、前頭部が思い切り禿げ上がっていたことだ。
 研修期間中は頭を剃る時間がないだろうと、京都行きの数日前から剃らないでおいた。
 次第に髪が生え始めていくのだが、前頭部から頂点にかけてだけ、生えてこない。
 この7年間、毎朝剃っていたので気がつかなかったが、いつのまにか禿げ上がっていたのである。
 鏡を見ながら嘆息していると、
「あのう、どうかしましたか?」
 同じ班の20代の若者が心配して訊いてきた。
「いつのまにか禿げているんだ」
「でも、渡辺謙みたいで、カッコいいっスよ」
「ありがとう」
 そう応えたものの、私は若者に慰められる年齢になっているということなのだ。
 もう肩肘張って生きていくのはやめよう。
 そんなことを考えさせられた10日間であった。
 帰宅すると、愚妻が私の禿げ上がった頭を見て、
「あら、お爺さんみたい」
 と、うれしそうな顔で言う。
 これはカチンときて、やっぱり肩肘張って生きていくべきだと、考えを修正した次第である。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.