日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

愚(おろ)かたるユエン

投稿日:

 今日、キャベツの苗を植えに行った。
 愚妻の陣頭指揮である。
 怒声、叱責、そして、
「どうしてあなたは、そういい加減なのかしら」
 溜め息で終わる。
 つまり、私の勝ち。
「見放す」とは、「相手を認める」ということなのだ。
 ここに愚妻は気づかない。
 愚かたるユエンである。
 愚妻はブツクサ言いながら、せっせと野良仕事。
 私はすることがないので、鍬(くわ)を杖にしてしゃがんでいると、畑の大指南役であるSさんがやってきて、
「レタスは植えたの?」
 と訊く。
「さあ」
「さあって、ご主人、あんた、わからないの?」
「レタスだけでなく、どこに何が植えてあるのかさっぱり」
 Sさんは何か言いかけたがやめて、愚妻を振り向き、
「レタスはね」
 と、指南を始めた。
 愚妻は熱心に耳を傾けているが、私はソッポを向いている。
 わざと聞かないようにしている。
 つまり「知らない」ということは、「間違ってもいい」ということであり、「あてにされない」ということなのだ。
 だから私は、これからも畑仕事は堂々とパスすることができる。
 ここに愚妻は気づかない。
 愚かたるユエンなのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.