歳時記

墓参りに行ってきた

投稿日:

 いま墓参りから帰宅したところだ。
 クルマで20分ほどの霊園である。
 短いお経をあげたが、汗がダラダラ。
 だから私は昨日、
「よし、墓参りは朝の5時に行くぞ」
 と言ったのだが、
「ちょっと、朝5時にお参りする人なんか、いないわよ」
 愚妻が異を唱え、
「ほうじゃ、ほうじゃ、そげぇな非常識な者はおらん」
 映芳爺さんが愚妻に同調。
 私の提案は却下され、朝9時の出発となった次第。
 炎天下に清掃の人がリヤカーを引いていた。
 おかけで霊園は、こうしてきれいなのだ。
「暑いなか、お世話さまです」
 私が挨拶すると、
「どこの霊園もそうですけどねぇ」
 おじさんがリヤカーを停めて、
「少ない人数で目一杯働かされんるですよ」
 ま、確かにそうだろうけど、きわめて現実的な一言に、私の感謝の気持ちは何となく萎(な)えてしまったのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.