歳時記

「どっちゃでもええがな」の人生観

投稿日:

『両忘』(りょうぼう)という禅語がある。
「対立する価値観のどちらにも与(くみ)せず自由な心でいよ」
 という教えだ。
 つまり、
「ことの善悪はすぐに正しい判断が下せるものではないので、曖昧なこともそのまま受け入れ、ただ精一杯に生きてみよ」
 ということになるが、ちょっと気取って言えば、
「苦楽、美醜、真偽・・・等々、相対的な対立を忘れ去り、二元的な考え方から脱却せよ」
 ということである。
 人生は糾える縄のごとく、正解と不正解が絡まり合っていて、ときに是となり、ときに非となり、矛盾のうちに流れていく。
 この状態を「人生の不条理」と呼ぶなら、どういう理屈と論理をもってしても、人生を割り切ることはできまい。
 だから、
「割り切ろうとするのは愚かなことだ」
 と『両忘』は教えるわけです。
 要するに、
「どっちゃでもええがな」
 という人生観である。
 昨日、ススカイツリーの料金が発表された。
 第2展望台まで大人3千円である。
 両親に小学生2人の家族4人なら8千8百円になる。中学生がいれば1万円を超えてしまう。
「高いわねぇ」
 愚妻が怒って、
「そう思わない?」
 と問うので、私は答える。
「どっちゃでもええがな」
 高いとか安いとか、私は対立する価値観のどちらにも与(くみ)せず自由な心でいるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.