歳時記

「東電」と「葉隠」と「五輪書」

投稿日:

 事に臨んで「即断」するためには、シミュレーションが必要だ。
 いや、逆だ。
 絶えずシミュレーションをしているから、事に臨んで決断が早いのだ。
 このことを、
「大事の思案は軽くすべし」
 と説くのが、『葉隠』である。
「軽く考えよ」
 というのではなく、
「決断に臨んで慌てないよう普段からよく考えておいて、大事が起こったときは、あれこれ考えないでいいようにしておけ」
 と訓戒しているのである。
 宮本武蔵も『五輪書』において、
「我が太刀少しも上げずして、いかにも強く打つなり」
 と記す。
「石火の当たり(至近距離)においては、太刀を構え直さず、その場から瞬時に打ち込むべし」
 という意味で、間合いに入ったときは瞬時に攻め込んでこそ、勝機を得るというわけだ。
 言い換えれば、普段から稽古を積み、瞬時に攻め込めるだけの技量を養っておけということである。
 福島原発事故は、対応が後手にまわったことで「人災」となった。
 東電も政府も、これまでシミュレーションが足りなかったということであり、普段の〝稽古〟を怠ったということになる。
 すなわち、危機に臨んでそれを克服できるか否かは、「普段」という日々を、どう処するかで決まるということなのだ。
 人生もしかり、か。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.