歳時記

世代別の「評価尺」を考える

投稿日:

 風呂に浸かっていて、ふと、
「人間は、何をもって評価されるか」
 という考えが浮かんできて、次のような〝世代別の評価基準〟を考えた。
 10代は、
「何をやりたいか」
 という「志(こころざし)」で評価される。
 20代は、
「何を始めたか」
 という「行動」で評価される。
 30代は、
「何がやれるか」
 という「未来」で評価される。
 40代は、
「何をやっているか」
 という「現状」で評価される。
 50代は、
「何をやったか」
 という「結果」で評価される。
そして、60代になったら、
「何をやらないか」
 という「幕引き」で評価される。
 70代移行については評価はしない。
 なぜなら「評価される立場」を卒業しているからである。
 こうした〝評価基準〟で人生を俯瞰(ふかん)してみれば、
「いま自分は何をなすべきか」
 ということが、おのずと見えてくるように思うのである。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.