日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

朝青龍と「横綱の品位」

投稿日:

 朝青龍が引退した。
 解雇されることがハッキリしたので、やむなくの引退だとメディアは報じている。
 それも当然だろうというのが世間の反応のようだが、これまで朝青龍をめぐる一連の報道で、私が違和感をおぼえたのは、
「横綱の品位」
 というやつである。
 相撲協会がマジで横綱に「品位」を求めているとすれば、悪い冗談である。
 だって、考えてみればわかるではないか。
 相撲取りは〝男芸者〟と揶揄(やゆ)される。
 タニマチに〝ごっちゃん〟になるからである。
 そんな男芸者のどこを探せば「品位」が出てくるというのだろうか。
 男芸者に求められるとすれば、「品位」ではなく「意地」と「矜持(きょうじ)」である。
 ひらたく言えば、プライドである。
 男芸者ナンバー1としてのプライドがあれば、泥酔して一般人を殴ることなど、あるわけがない。
 ウソをついて巡業を休み、モンゴルでノーテンキにサッカーに興じるわけがない。
 繰り返すが、これは品位(人格)ではなく、横綱としてのプライドの欠如である。
 それを、あえて「品位」という言葉を使うのは、
「横綱は人格者である」
 というイメージのすり替えである。
 先の相撲協会理事選で一門という利害対立を見ていて、私が親方なら、恥ずかしくて「品位」などという言葉は、口が裂けても言えないと思うのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.