日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「DNA」の思い出

投稿日:

 すでに故人になれたが、博識で知られるヤクザの親分さんと雀卓を囲んだときのことだ。
「おい、DNAって知ってるか?」
 と親分さんが私に問いかけた。
 DNAという言葉がまだ一般化する前だから、ずいぶん昔のことだ。
「知ってますよ。デオキシリボ核酸でしょ」
 私が当然のような口ぶりで答えると、
「よく知ってるな」
 親分さんは、つまらなさそうに言って黙った。
 私は後悔した。
「何ですか、それ?」
 と聞けば、
「知らないのか? DNAというのはだな」
 きっとウンチクに富んだ面白い話をしてくれたことだろう。
「知っているか?」
 という問いかけにどう答えるべきか。
 返事も質問も、実はとても難しいものであることを、このとき思った。
 いま足利事件の冤罪で、誤ったDNA鑑定が問題になっている。
 このニュースに接するたびに、
「おい、DNAって知ってるか?」
 と問いかけた親分さんのことを、ほろ苦く思い出すのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.