歳時記

畑作業と「相撲の立ち会い」

投稿日:

 畑に行く予定日がことごと雨になり、今朝、しばらくぶりに出かけた。
 一面、草ぼうぼう。
 思わず溜め息が出るが、草は引かねばなるまい。
 私はしゃがみこみ、カマで根を断ち切るようにして草を引いていく。
 2時間がたち、さらに30分が過ぎるころになって、指南役の親父が、
「さあて」
 と、つぶやく。
 いつもなら、ここで私が、
「そろそろやめるかな」
 と呼応し、
「ほうじゃ、またにしよう」
 と指南役が断を下して作業は終わりとなる。
 このあたり、阿吽(あうん)の呼吸と言うのか、相撲の立ち会いに似ているのだ。
 だが今日は、私は本気になって草と格闘している。
 指南役のつぶやきを無視。
 すると、しばらくして指南役が、
「さあて……」
 無視。
 何度かこれを繰り返し、私も疲れてきたので、
「そろそろやめるかな」
 と、呼吸を合わし、
「ほうじゃ、またにしよう!」
 と、いつものパターンになった。
 で、これもいつものように私は愚妻に向かって、
「そっちはどうだ?」
 と声をかける。
「そろそろ帰る?」
 と呼応して一件落着のばすが、今日に限って無視。
 畑の一角に花を植えたものだから、そっちに余念がないのだ。
 
 指南役も、私も、沈黙する。
 15分ほどたって、
「そっちはどうだ?」
 再び、明るく声をかけるも、 無視されて私たちは沈黙する。
 立ち会いの呼吸が合わず、予定時間をはるかにオーバー。夕方から稽古があり、私は仮眠をとる時間がなくなってしまったのである。
 畑作業というのは、実に難しいものであると痛感した一日であった。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.