歳時記

平和と、惰眠と、北朝鮮のミサイル

投稿日:

 日本が〝人工衛星ロケット〟を迎撃すると聞いて、北朝鮮が〝宣戦予告〟をした。
 非常事態にしては、メディアも国民も、あまりに緊張感に欠けてはいまいか。
 野球だ、アイススケートだ、サッカーだと連日お祭り騒ぎ。加えて、お笑い番組が相変わらずにぎやかだ。
 これも、戦後60余年という〝平和ボケ〟のなさせるわざなのだろうか。
 ソ連が崩壊したときも、あれよあれよという感じだった。
 中国が共産主義を捨て、自由主義に舵を切ったときも、あれよあれよという感じだった。
 歴史は、私たちがそうと意識しないうちに、深く静かに大転換をしていくのだ。
 その兆候が、今度の危機にあると私は感じている。
 100年に一度といわれる世界大不況のさなかに、北朝鮮と戦争になれば、日本はどうなるのだろう。戦争に至らずとも、一触即発の危機になれば、再軍備の世論がわき起こるのは必至だ。
 空に戦闘機の編隊、陸に戦車隊、海に艦隊となれば、エコなど吹っ飛んでしまうだろう。
 いま日本は、そういう危機に直面しているのだ。
 以前、このブログで、鳥取県の公立小学校では、
《「差別」の観点から、運動会の徒競走は全員が同時にゴールできるように、走るのが遅い子供に対しては、コースをショートカットしたり、スタートラインを他の生徒より前にしたりする学校もある》
 と、揶揄した。
 いまの日本は、そういう国なのだ。
 それを平和と考えるか、惰眠をむさぼっていると考えるか。
 国対国の戦争、テロとの戦い、そして内戦。
 世界の多くの国が血を流している。
 徒競走がニュースになり、それに賛否の声があがるのは日本くらいのものだろう。
 北朝鮮のアクションによっては、私たちの価値観は一変するのだ。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.