歳時記

「ハゲだ!」と園児に言われて考えた

投稿日:

 夕方、孫二人を迎えに女房と保育園へ行ったときのことだ。
 ワンパク顔をした園児が、私のスキンヘッドを指さして、
「あっ、ツルっ禿(ぱげ)!」
 と言って笑った。
「こらッ! ツルっ禿で悪かったな!」
 わざと噛みつくように言うと、
「ワー!」
 驚き、走って園庭へ逃げて行った。
 あとで女房にこっぴどく怒られたが、それから数日後。
 また女房と保育園へ迎えに行くと、先日のワンパク坊やが待ちかまえていたかのように、
「あっ、ツルっ禿!」
「悪かったな!」
「ワー!」
 またしても女房に怒られたので、その次はバンダナをかぶって保育園に出かけた。
 すると例によってワンパク坊やそばにやってきて、バンダナを恨めしそうに見上げながら、
「それ、ヘンなの」
 とだけ言って、園庭へ去っていった。
「ツルっ禿!」
 とワンパク坊やは言いたかったのだろが、私の頭がこの日は〝ツルっ禿〟ではなかったので、そうと言えなかっのである。
(面白いな)
 と思った。
 ツルっ禿げであるのに、布一枚で隠しただけで、ツルっ禿じゃなくなったのだ。
 このことに、私は考えさせられた。
 たとえば、ハゲとカツラ。
 カツラをつければ、ハゲと承知していても、「ハゲ」とは揶揄しない。
「あいつ、ヅラだぜ」
 と、揶揄するのは、目に見えるカツラなのである。
 あるいは、背が低い男と踵(かかと)が高くなった〝シークレットシューズ〟もそうだ。
 背が低いとみんなが承知していても、シークレットシューズを履いて背が高くなった彼を、「チビ」とは揶揄しないで、
「あいつ、シークレットシューズを履いているんだぜ」
 と、揶揄するのは目に見えるシューズである。
 さて、ここからである。
 たとえばカツラをつけた男が、接客業であればどうなるか。
「じゃ、ヅラもつけるよな」
 と、周囲は納得。
 シークレットシューズの男が俳優であればどうなるか。
「じゃ、履いて背を高く見せるよな」
 と納得である。
 その結果、「ハゲ」や「背が低い」という〝本質〟は問われなくなる。
 このことから〝本質〟は、理由をつけて矛先をかわしてしまえば不問となり、あとはいかようにもできるということなのである。
 ということは、〝悪あがき〟は実に有効な手段であるということ。
 論点を拡散させればさせるほど、本質はそのなかに埋没していくのである。
 以上、私は保育園でワンパク坊やから、貴重なことを学んだ次第。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.