歳時記

嫉妬と羨望と、東国原知事

投稿日:

 アブダビのオークションで、「1」の自動車ナンバープレートが15億円で落札された。
「一族の持つ資産に比較すれば大きな額ではない」
 と、落札したアラブ首長国連邦の実業家は涼しい顔だったとか。
 このニュースを見て、私はムカッ、ときた。
 ガソリン高騰で、世界中がヒーヒー言っているのに、アラブの野郎はナンバプレートに15億円!
「てめぇら、そのうち石油が枯渇して泣き面かくなよ」
 さんざん毒づいたあとで、
(ありゃ、わしも歳を拾うたわい)
 と愕然とした。
 私の〝ムカッ〟は、嫉妬である。
 嫉妬は精神的な「老い」である。
 私が青雲の志に燃えた若者であれば、このニュースを見て、
(わしも大富豪になりたい!)
 と羨望しただろう。
 羨望でなく、嫉妬したことに、私は愕然としたのである。
 こうしてみると、嫉妬は「あきらめ」の裏返しであることがわかる。
 だから毒づく。
(あの野郎、コケればいいのに)
 と失敗を願う。
 暗いですな。
 ところが羨望は、「夢」の裏返しである。
 だから賞賛する。
(オレも、ああなりてぇな)
 と励みにする。
 前向きで、嫉妬よりはるかに明るいですな。
 嫉妬も羨望も、煩悩ということで言えば〝目クソ、鼻クソ〟には違いないが、これを精神年齢のバロメーターとして見れば、天地の差があると、私は考えるのである。
 今日、スーパー銭湯に行くと、テレビに宮崎県の東国原知事が出ていた。
 話題は、彼が東京マラソンで走ったことである。
 東国原知事の〝ラッキョ顔〟を観ながら、私は、
「何だかんだ言いながら、結局、宮崎をダシにして、自分の名前を売っているだけじゃねぇか」
 と毒づいてすぐ、
(あっ、いけねぇ!)
 と反省。
「頭いいなァ。〝宮崎のために〟という錦の御旗を掲げれば何でもありなんだ」
 と賞賛し直した次第である。
   

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.