歳時記

加齢という「お気楽」

投稿日:

歳を拾うというのは、なんとお気楽になることか。

たとえば衣服。
新しく買おうかと思っても、

(いまさら買ってもなァ)

衣服を処分しようとしているのに、とんでもないこと。
で、パス。

本を買おうかと思っても、未読の本が何百冊もある。
残りの「健康人生」で読み切れるか。
と、なれば、
(いまさら買ってもなァ)

で、パス。

書いてみたい書籍の企画はいくつもあるが、
(いまさら書いてもなァ)

残りの人生を考え、どうしても書いておきたいテーマだけにしようということになり、これもパス。

気分はじつに楽チンなのである。

今日の午後は愚妻と冷凍食品を見にスーパーへ行った。
弁当から副食から、あるはあるは。

「よし、これからは冷凍食品だ」
「冷凍庫にたくさんは入らないわよ」
「入らなければ冷凍庫だけ買い足せばよいではないか」

なんだか人生の転機に臨んでいるような予感がするのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2024 All Rights Reserved.