歳時記

いざ、『もみじロード』へ

投稿日:

昨日は愚妻と『もみじロード』へ行ってきた。

ウェブの観光案内には、
《志駒川に沿って延長約10キロに続く県道182号は、通称「もみじロード」と呼ばれ、県内屈指のもみじの名所として約千本のもみじが生い茂ります》
とある。

鴨川市に仕事部屋を借りていたころ、何度か行ったことがあり、モミジがとてもきれいだった。

モミジは、私の出身である広島県の県花でもあり、私のお気に入りなのだ。

以前、よく通っていた鰻屋が植木を趣味にしており、
「私はモミジが大好きだ」
と言ったら、
「庭にあるから持っていけ!」

わざわざ掘って持たせてくれた。
いまも庭に植わっている(たぶん)。

で、昨日は『もみじロード』へ。

だが、これまでは仕事部屋のある鴨川市からスタートしていたが、今回は自宅からなので逆コースになる。

そこで念を入れ、『もみじロード』の起点の目印にと、コンビニをカーナビに入れて出発した。

順調に進み、
「あッ、『いらっしゃい、もみじロード』と書いてあるわよ」

愚妻の弾む声に気を良くして快調に走る。

ところが、モミジがほとんどない。
道もどんどん狭くなっていく。

「おかしいわねぇ。この道、本当に『もみじロード』なの?」

愚妻がジロリと私をニラむ。
山をどんどん上り、下り、そのうち「鴨川方面」の案内表示。

道を間違えたのだ。

私も愚妻もそのことに気づくが、何も言わない。
私にはよくあることで、お互いそのことはよく知っているからだ。
微妙な雰囲気。

「さて」
沈黙に耐えかねて、私が明るく言う。
「モミジはよしとして、そろそろ館山市に行くか!」

刺身を食べに方向転換した次第。

帰宅してグーグルマップで調べると、カーナビに入れたコンビニの位置そのものが『もみじロード』からそれていた。

『もみじロード』だからいいようなものの、これが『人生ロード』ならえらいことだと思いつつ、

(いや、ひょっとして私は『人生ロード』からもそれているのではいか?)

そんな思いもよぎったのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2023 All Rights Reserved.