歳時記

胆石という「薄氷」

投稿日:

もろもろ激動的に忙しく、ブログも更新できないでいる。
電話連絡が錯綜し、クルマに乗っているときはハンズフリーで会話できるようにしてあるのだが、設定はデーラーにやってもらったので、いまだによくわかっていない。

先夜も帰宅途中、運転していて何かに触ったらしく、勝手にコールしはじめ、あわててブチッと切ったら知人女性から電話。
掛け直してくださったのだが、私としては「掛けた」という意志がないので、トンチンカンな応対になってしまった。

困ったものである。

ブログも更新しないでいると、
「胆石の具合が悪いのか」
と、メールがきたり。

ありがたいやら、更新もしなければとおもったり。

実際、先夜は通夜にむかう途中で、右脇腹に鈍痛。
(ヤバ!)
である。

鎮痛剤はアレルギーなので、痛くなったらこれを飲めと、医者から内蔵の動きを押さえる薬をもらっている。

それでもダメなら救急車を呼び、病院についたら、
「私の名前を言い、いついつ手術予定だと言えばすぐに対応してくれる」
そう医者は言った。

心強いような、不安をあおるような、評価の難しい言葉だった。

さいわい薬を飲んだら鈍痛はおさまったので、やれやれである。

このことを帰宅して愚妻に報告すると、
「気をつけなさいよ」
大まじめな顔で言う。

「何を気をつけるのだ」
「だから気をつけるのよ」

私はイラついて、胆石が痛くなりそうになるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.