歳時記

ここを去ること遠からず

投稿日:

鳥取県の温泉に行ってきた。
ワーケーションである。
コロナ第4波が懸念されているので、旅行のチャンスは緊急事態宣言が解除された直後しかあるまい。

いつものごとくクルマで行った。
新幹線や飛行機など、何時何分発と決められるのが嫌いなのだ。
クルマなら自由気ままである。

鳥取まで片道10時間。
遠い。
だが、毎月食事に出かける房総・御宿の古民家店は片道2時間。
途中で農産物店に寄ることにしているので3時間かかる。

このことを考えれば、10時間はたいしたことはない。
しかも最近のクルマは、車線も、車間距離も、スピードも自動でキープしてくれる。
助手席でイビキをかく愚妻がいなければ言うことなしである。

旅行と言っても、観光はしない。
せっかくなので、鳥取砂丘くらい見ておこうと立ち寄ったが、
「ほう、これがそうか」
「靴に砂が入るわよ」

ものの数分、眺めただけで、
「さっ、行きましょ」
風情も何もあったものではない。

かつて温泉地でのワーケーションは楽しみだったが、近所の日帰り温泉に行くようになって、何となく面倒になってきた。

わざわざ旅行しなくとも、人生は楽しめるのだ。

いま執筆している仏教小説で、「阿弥陀仏の浄土はどこにあるのか」という問いに、釈迦はこう答える。

「阿弥陀仏 去此不遠(こしふおん)」

阿弥陀仏はここを去ること遠からず、という意味で、「阿弥陀仏はすでにそなたのそばにいらっしゃる」と言うのだ。

メーテルリンクの童話劇『青い鳥』も同じことを説いている。

ならば、私のとっていちばん大切な人は誰かとなれば、
「愚妻 去此不遠」
ということになってしまうではないか。

冗談じゃない。
鳥取の露天風呂で、私は思わず身震いしたのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.