歳時記

フランス語翻訳本

投稿日:

拙著『稼業』のフランス語翻訳本が届いた。
3月4日に発売されると聞いていた。

翻訳なので私が書いたとおりの文章ではあるが、ページをめくってもチンプンカンプン。
(フーン)
そんなものである。

フランス人相手に、この種の本が売れるのかどうか知らないが、わざわざ出版するのだから勝算はあるのだろう。
自分の本ながら他人事である。

拙著はこれまで何冊か台湾や韓国で翻訳出版されているが、刊行時に送られてきてもチンプンカンプン。
(誰が読むんだろう)
と、これも自分の本ながら他人事である。

本に限らず、私は自分のことに対して、どこか他人事のような感覚がある。
よく言えば客観視。
有り体に言えば執着心が希薄で、
「どうでもいいや」
と、ほっぽり出してしまう。

だから、何かと愚妻が怒る。
「ちょっと、行くの、行かないの!」
「食べるの、食べないの!」
「どうするのよ!」

一方、執着心が希薄だから、ほっぽり出しもすれば、決断も早い。

「明日、日帰り温泉はどうするの?」
「行く」
何も考えずに言い切る。

「店は何時に予約を取ればいいの?」
「6時だ」
理由はない。

「原稿の〆切、来月末で大丈夫すか?」
「大丈夫だ」
根拠はない。

何事も言い切ってから、
(さて)
と考えるのだ。

ほっぽり出しと、瞬時の決断。
両極端で、自分に欠けているのは「中間」である。

お釈迦さんは「中道」であるべきと喝破したが、これから自分もそうあるべきだと、なぜかフランス語翻訳本を手に取って唐突に思った次第。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.