著書紹介

『安藤組外伝 白倉康夫 殉心』

投稿日:

安藤昇を魅了した男の破天荒な半生

ワルか、それとも正義の味方か──この男、そんな概念では語れない!

国士啓蒙家にして敬天新聞社主、白倉康夫。都心に務めるビジネスマンであれば、毎週水曜日の夕刻、新橋駅前に街宣車を乗りつけ、「国賊は討て!」という過激なスローガンで〝糾弾演説〟を行っている男を見かけたことはあるだろう。

「あいつは面白いね」

安藤昇は、彼特有の最大級の褒め言葉で白倉を評し、生涯最後の著作として『白倉康夫自伝』を書き進めていた。しかし、2015年12月に急逝。

──なぜ、安藤は白倉という男に魅了されたのか。一方の白倉は、なぜ安藤の薫陶に心酔し、殉じようとしたのか。

安藤の遺志を継ぎ、膨大な取材資料と数十時間に及ぶ白倉への補足取材を重ね、安藤没後4年余の月日を経て上梓。

二人の思いをそれぞれの視点から辿ったエンターテイメントノベル。

主な内容

第一章 初嵐

第二章 凍凪

第三章 炎風

第四章 春疾風

第五章 青嵐

特別掲載:安藤から白倉への書簡「義憤にして侠の勇なり」

書籍情報

出版社
青志社

発売日
20.04.19

価格
本体1,500円+税

この本をamazonで購入

-著書紹介

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.