歳時記

眉が白くなっている

投稿日:

鏡で自分の顔をじっくり見ることはない。
頭を剃るときは風呂場で鏡に向かってはいるが、漠然と向かっているだけで、顔を眺めているわけではない。

で、今夕。
道場の仕事場で電話を受けているときだ。
たまたま立ち上がっていいたので、電話しながら何気なく鏡を覗き込んで愕然とした。

眉毛の多くが白くなっているではないか。
知らなかった。

電話が終わると、すぐに愚妻に電話した。

「おい、わしの眉毛が白くなっているぞ!」
緊急報告したところが、
「そうよ。年寄りらしくていいんじゃない?」
こともなげに言ったのである。

「なぜ、言わぬ」
「自分の眉毛でしょ。自分で見なさいよ」

言ってから、愚妻も言いすぎたと思ったのか、
「お坊さんやっているんだから、白くなったほうがカッコいいわよ」
ヨイショしたつもりだろうが、白い眉のどこがカッコいいのだ。

たまには鏡を見るものだと思いつつも、顔だけは何か写さなければ見ることができない。
太古の時代、人間は水面に映る自分の顔を見て何と思っただろうか。
「何だ、こりゃ?」
そう思ったはずだ。

かくして、私は古代人に思いを馳せるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.