歳時記

死ぬのが難しい時代

投稿日:

 昨夜は編集者3人と一杯やった。
 宗教の話からヤクザ、夫婦論まで話題は尽きず、楽しい一夜であった。
「生きにくい時代」ということで3人の意見は一致したが、ではこれに対処する企画となると意見は分かれる。
 すなわち、
「励ますのか」
「なくざめるのか」
 ということである。
 実生活においては「励まし」と「なぐさめ」はセットで考えるべきだが、一冊の本となると、両者の混合は難しいだろう。
 だが、「生きにくい時代」と言うけれど、これまで「生き易(やす)い時代」があったのだろうか。
 人間は太古の時代から、人生に抗(あらが)うようにして生きてきたのである。
 すなわち「生きにくい時代」が常態であるなら、「生きにくい時代」は存在しないということになる。
 だから現代は、決して「生きにくい時代」ではない。
 むしろ「死ぬのが難しい時代」と言うべきではないか。
 これから「長寿の悲劇」は加速することだろう。
 医学の進歩とは何か、考えさせられるのである。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.