「生き方」の極意

「縁」に身を投げ出す

投稿日:

「つくべき縁あればともない、はなるべき縁あればはなる」

「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」

『歎異抄』に出てくる親鸞の言葉だ。

私たちの存在を含め、すべては「縁」に依る。

『災難に逢う時節には災難に逢うがよく候
死ぬ時節には死ぬがよく候
これはこれ災難をのがるる妙法にて候』

親鸞に良寛のこの言葉を重ねれば、

「日々の出来事に一喜一憂せず、縁に身を投げ出し、淡々と生きいけ」
と読み解ける。

何もしないというのではない。
縁を敢然と受け入れるということにおいて、これ以上の積極的な人生はないのだ。

-「生き方」の極意

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.