歳時記

コロナ禍と信頼感

投稿日:

「言われなくてもやるのが《上の上》」

「言われてやるのが《中の中》」

「怒られてやるのが《下の下》」

そして、
「批判されてやるのが《下下下の下》」

政府のコロナ対策を見ていると、《下下下の下》である。
「ゲゲゲのなんとやら」である。

「健康と経済のバランスが難しい」
と口をそろえるが、難しいことは子供でもわかる。
それを何とかするのが政治家の使命なのである。

一連のコロナ禍を見ていると、元凶は「安部政権に対する信頼感の欠如」ということに行きつく。

モリカケ問題から公文書破棄、検察官の定年延長、はてまた昭恵夫人の「花見写真」まで、デタラメをやって居直る、その姿勢に国民はあきれ、政府が何をメッセージしても信を置かないのである。

では、信頼とは何か。
実体はない。

「これが信頼です」
と取り出して見せることはできない。

周囲の人間が、
「あの人は信頼できる」
と感じる、その心が信頼の正体なのだ。

信頼ということになると、私は人のことをとやかく言える人間ではないが、安倍政権の処し方を「他山の石」としたいと、我が身に言い聞かせることである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.