歳時記

大人たちはズルイ

投稿日:

馴染みのイタメシ屋に行くと、客はガラガラ。
「コロナで参りましよ」
と店主。

いつもよくしてくれるので、こういうときこそ食べに行く。

観光業も大打撃。
宿泊施設は閑古鳥とか。
気の毒である。

だが、インバウンドのお陰で、これまで一泊7千円程度だったビジネスホテルが2、3万円の料金を取ったときもある。
「需給のバランスですから仕方がない」
といったホテル側のコメントがあった。

そうだろうと、このとき思った。

そして一転、このたび新コロナ禍である。
キャンセルが続出し、宿泊施設は悲鳴をあげているとニュースが報じている。

こういうときはホテル側も「需給のバランスですから仕方がない」とは言わない。
気の毒だと思う一方で、ヘソ曲がりの私は「なんだかなァ」と思うのである。

あるいは一斉休校、イベント自粛、不要不急の外出は控えろという一方で、飲食店が値段を下げるなどコロナ対策で繁盛していれば、テレビニュースで肯定的に報じる。

客がヒジを接するように席を埋め、笑顔で飲食している居酒屋のニュースを見ていると、
「なんだかなァ」
と思うのである。

客が悪いわけではない。
店が悪いわけでもない。
コロナ禍を煽っているテレビが、平気でこういう画像を流す神経がわからないのだ。

家に閉じこもる子供たちが見ればなんと思うか。
大人たちはズルイのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.