歳時記

「正統派」のボケ

投稿日:

今日、といっても日付が変わったので昨日になるが、いつもどおり4時起き。
朝風呂に入って、4時30分。
7時30分に試合会場に出かけるので、家を出るまで3時間ある。

仕事をする。
1時間ほどして愚妻が起床の気配。

「おい、コーヒー」
「おい、紅茶」
「おい、ヨーグルト」

矢継ぎ早に命じると、
「寝てればいいのに、早くから起きてうるさいわね」
ブーブー文句を言って、
「あなたがボケたらうるさくて大迷惑だわ」
減らず口を叩く。

「バカ者。ボケたら、おまえのほうがうるさいに決まっている」
たしなめると、
「冗談じゃないわよ。私の場合は、ボケても正統派なんだから」
「おまえ、ボケに正統派があるのか?」
「あるわよ」

朝っぱらからボケをめぐって論戦が続いたのだが、おかげで今日一日、「正統派のボケとは何か」ということを考えさせられ、
「まだボケていないからこその罵り合いであって、正統派論争は健康の証である」
という結論に至った次第。

実際、ボケたら正統派だの何だのと言ってはいられまい。
遠からず、その日が来るのか。
いろいろ考えさせられる一日であった。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.