歳時記

パソコンを買い換えるか

投稿日:

何となくノートパソコンの調子が悪い。
故障するだろうという予感である。
だから新年の松代温泉には、予備のノートパソを持っていった。

デスクトップをメインで使用しているし、データは共有できているので、どれが故障しても仕事に支障がないようにしてあるが、何事も転ばぬ先の杖。
現在使用しているレノボX1の最新モデルを購入することした次第。

そういえば、なぜかパソコンを買い換えるのは年末か年始である。
理由はわからないが、機械も気分一新したいのだろう。

今年は何も目標を立てなかった。
残りの人生を考えたら、目標を立てても意味がない。
今日を全力で生きるか、あとは野となれ山となれで呵々大笑して生きるか、あるいはダラダラとこれまでのように惰性で生きるか。

どれを選択しても、たいした人生でないことはこれまでの経験でよくわかっているので、気楽なものだ。

ここ数日、冷え込んでいる。
道場は暖房がきいていて暖かいのだが、古武道を稽古する中学校の剣道場はさすがに寒い。

法事やら一日葬やらが続くので、風邪を引くわけにはいかない。
「今日は寒いから稽古を着ないぞ」

着替えの都合があるので、自宅で愚妻に告げると、
「両方用意してあるでしょう」

なるほど、稽古着を着たときの下着と、ジャージを着たときのそれと二種類用意してある。

「マフラーはいらんかな?」
「いると思えばすればいいし、いらないと思えばしなければいいんじゃないの」

なるほどと思いかけたが、これでは答えになっていない。

「いると思うか、いらないと思うか、それをきいておるのだ」
「そんこと、わかるわけないでしょ! 私はあなたじゃないんだから!」

今日も朝っぱらから丁々発止の論戦である。
パソコンのように気分一新とはいかないようである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.