歳時記

我が家の「アレクサ」

投稿日:

テレビを観ていたら、

「アレクサ、電気」
「アレクサ、テレビ」

と、アマゾンのデバイスに向かって言えば、それを実行してくれるというCMを流していた。

便利になったものだと感心したが、
(待てよ)
と思った。

考えてみたら、我が家には40年前から「アレクサ」がいるではないか。

「おい、お茶」
「おい、メシ」
「おい、靴下」
と言えば、「我が家のアレクサ」は即座に実行する。

AIの時代だと世間は浮かれているが、笑わせてはけない。
私は結婚当初からAIを使用しているのだ。

ただ、「我が家のアレクサ」はアナログなので、一度にたくさんの命令を発すると、
「ちょっと、自分でやりなさいよ!」
頭から湯気を出すので、使用には注意を払う必要があるが、それを除けばなかなか便利である。

だが、いまの時代、私のこういう処し方は「亭主の横暴」として糾弾される。
これを住みにくい時代になったと受け取るか、
「私はいい時代を生きてきた」
と納得するか。

晩夏を迎え、「アレクサ」に人生を回顧するのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.