日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

不毛の論戦

投稿日:

 今日も猛暑。
 被災者の方々は大変だろう。
 思いを馳せつつ、自分のなすべきことを。
 昨日は、子供たちが熱中症になったら大変なので、道場のエアコンをガンガンかけ、稽古は頑張らせない。
 いや、「頑張れ」と言っても頑張る子は少ないので、いつもどおりか。
 しかし、熱中症対策で「頑張らせてはいけない」ということになれば、指導者としては気が楽である。
 すなわち、ネガティブな行動に対しては、ポジティブな理由をくっつければ罪悪感は少なくなるということ。
「言い訳」は、自分に対していかに積極性を持たせるかが大事ということである。
 昨夜、愚妻が帰宅。
「ちょっと、帰ってくるのがわかっているの、どうして電気をつけていないのよ」
 玄関内に電気がついていないというクレームが第一声。
「電気がついていなと、何か問題があるのか?」
「ないけど、つけておけばいいじゃない」
「理由は?」
「私が帰ってくるからよ」
「帰ってくると、なぜ電気をつけねばならんのだ」
 熱帯夜に不毛の論戦である。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.