歳時記

最新式の石油ストーブ

投稿日:

 昨年暮れ、愚妻が石油ストーブを買ってきた。
 地震で停電したときに困るからと、電気を使わないやつだそうだ。
 寒いので、いまは廊下に置いて火をたいている。
 で、今夕。
 ふと思って、
「おい、廊下のストーブはどうやって火をつけるのだ」
 愚妻に問うと、
「丸いツマミを右に一杯まわすのよ」
 と言うではないか。
「昔のストーブに似ているな」
「昔のストーブだもの」
「新しいやつを買ってきたのではないのか?」
「新しいやつよ」
「昔のストーブだと言ったではないか」
「昔のストーブだけど、新しいやつなのよ」
 私の頭はこんがらがった。
 というのも、私としては、パソコンの無線ランのように、コードレスになった石油ストーブだとばかり思ってのだ。
 ところが、そうではなく、単純に昔式のものだと言うではないか。
「電気を使わない」ということが最新式であると思い込んだことに、私は唸った。
 思い込みとは、かくも恐ろしいものなのだ。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.