歳時記

〝駄犬〟の退院と「夫婦の溝」

投稿日:

〝駄犬マック〟が、今日、退院だそうだ。
 膵炎で、2泊3日の入院である。
「駄犬にしては贅沢ではないか」
 と言うと、愚妻が怒った。
「何よ、駄犬、駄犬って!」
 思慮が浅い女だ。
「いいか、聞け」
 と私は、さとした。
「駄犬がいるから賢犬がおるのだ。駄犬がいなければ、賢犬の存在は成り立たない。ゆえに、駄犬は立派なのだ」
 頭が混乱したか、愚妻はしばし考えていたが、
「じゃ、あなたのような人間がいるから、世のなかには立派な人がいるというわけね」
 今度は、私の頭が混乱したが、すぐに気を取り直して、
「悪妻は百年の不作というけれど、あれは間違いだ。悪妻の存在によって良妻が成り立つ以上、〝悪妻は百年の豊作〟と言うべきだ。ゆえに、我が家は百年も豊作が続くことになる」
「ちょっと!」
 愚妻の怒るまいことか。
〝駄犬マック〟の退院で、夫婦の溝はさらに広がっていくのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.