歳時記

非行青少年と「欲」

投稿日:

 これまで保護観察処分になった青少年を担当してきて、ひとつ気づいたことがある。
 彼らの多くは「人生に対する欲」が希薄なのだ。
 金を稼ぐ、出世する、あるいは幸せな家庭を築く、といった「人生の欲」が希薄であるため、人生を逆算して、
「将来、そうあるために、自分はいま何をなすべきか」
 という視点を持てないでいる。
 だから、
「なんか、いいことないかなァ」
「かったるいなァ」
 という日々となり、そんな仲間が集まれば、自然に非行の道に入っていくことになる。
 となれば、彼らが人生に対して「欲」を持つことで、非行から立ち直れるのではないか、と考え、これまで保護観察対象者に接してきた。
 だが、よくよく考えてみると、犯罪の多くは「欲」が根底にあるではないか。
 窃盗、強盗、詐欺、経済犯など、みんな「欲」が動機である。
 となれば、「欲」を持てば非行から立ち直るという考えは浅薄で、短絡に過ぎるということになる。
 では、非行に走った青少年に対して、何を諭(さと)せばいいのか。
 さんざん悩んだすえに、結論は、
「自分の人生にどう向き合うか」
 この視点を彼らが持つように働きかけることではないか、と考えたのである。
 だが、言うは易く、行いはなんとやら。
 私自身が、還暦を前にしながら人生に確信を持てないでいるというのに、青少年に何を説けるというのか。
 自問自答はエンドレスで続き、保護司という役割の難しさを改めて感じるのである。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.