日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

私の歯はなぜ白くならないのか

投稿日:

 私の歯を見て、「黄色い」と道場の女児たちが言い出した。
 男児が、
「磨いていないんじゃないか」
 と同調する。
「いや、ごしごし磨いてるんが、館長の歯は白くならないんだ」
 私があわてて弁解するが、
「ウソだ」
「ウソだ」
 聞く耳をもたないのである。
 でも、私の歯が白くならないというのは本当のことだ。
 去年、かかりつけの歯医者に愚妻を走らせたところ、
「あなたの歯は、胃液の関係で、きれいにしてもすぐ黄色くなるんだって」
 そう言って帰ってきたことがある。
 それ以来、私の歯は白くはならないとあきらめていたのだが、「黄色い」と道場で言われて、これは放ってはおけないと思った。
 と同時に、
「あなたの歯はすぐ黄色くなる」
 と言った愚妻の弁に疑惑を念を抱いたのである。
 めんどうだから、歯医者へ聞きに行ったフリをして、適当なことを言ったのではないか。
 愚妻のやりそうなことだ。
 疑念は確信に変わり、私はそそくさと、今度は別の歯科医に予約を取った次第である。
 金を出せば白くできることは知っているが、そこまでやるのはモッタイナイ。保険治療の範囲で、ある程度、白くなるのか、ならないのか。
 いや、歯のことよりも、愚妻の弁はホントであったかテキトーであったか。
 それが一年をへて判明する。
 楽しみなことではないか。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.