歳時記

新たに畑を借りたところが……

投稿日:

 新しく畑を借りた。
 家から自転車で行ける距離だ。
「いまの畑は遠すぎる」
 と、86歳の親父がボヤくからである。
 これまで借りている畑はクルマで30分。
 自転車ではもちろん無理で、私の時間があるときにしか行けない。
 行けば半日仕事になるので、私もなかなか時間がとれないでいると、
「近けりゃのう。朝晩、畑の様子を見に行けるんじゃが」
 ボソリと言って、私にプレッシャーをかけてくるのである。
 これが何とも負担で、
「おい! どこか近いところの畑を借りてこい!」
 愚妻に命じ、知人の紹介で、新しい畑を借りたというわけである。
 ただし、新しい畑は、いまのところ20坪しか空きがない。
 趣味の菜園だから、20坪あればじゅうぶんなのだが、
「ウーン、ちょっと狭いのう」
 86歳が渋い返事。
 無理を言って借りたというのに、バチ当たりな親父である。
 で、今朝。
 散歩がてらに、私と愚妻とで、86歳のバチ当たりをつれて新しい畑を見にいった。
 と、どうだ。
「おっ、ええじゃないか!」
 バチ当たりは喜色を浮かべて、
「ここに大根を植えて、あそこにネギを植えて」
 ひとりで大ハシャギ。
 その姿を見ていると、
「狭いから、借りるのをやめるかな」
 と、イヤ味のひとつも言いたくなったが、ま、いいか。
 ただ、それはよしとしても、いま借りている100坪の畑をどうしたものか。
「畑をやりなよ」
 と好意で貸してくださっているのだ。
 何と言って撤収したものか、私はいまも頭を悩ましているのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.