歳時記

晩年に暗雲の予感

投稿日:

「生まれ方」は、まず同じである。
銀のスプーンをくわえて生まれるかどうかは別として、出産の方法は変わらない。

「死に方」はそうではない。

長患いの末に亡くなる方もいれば、昨日まで元気だった人が突然、亡くなることもある。
死は同じでも、死に方はさまざまなのである。

ご葬儀でいろんな死に立ち会うと、「死に方」ということについて考えさせられてしまう、

私としてはピンピンコロリがいいと思っていたし、多くの人もそう望んでいるようだが、これだと残された人の気持ちの整理がつきにくいようだ。

「何がなんだかわからない」
と、当惑を口にするご遺族が多い。

一方、長患いは世話が大変だが、
「そろそろかな、と覚悟していました」
と、おっしゃったりする。

悲嘆に軽重はないとしても、そういう意味では、適度な「中患い」がいいのかもしれない。

昨日のご葬儀は突然死で、喪主の未亡人は、
「あっけないものですね」
と、ご自身を納得させるように何度もおっしゃっていた。

私は帰宅して愚妻にこのことを話し、
「中患いがいいのかもしれないな」
と告げた。

患うことにも意味があるということを言いたかったのだが、
「ちょっと、やめてよね」
眉間にシワを寄せると、
「あなたは中患いなんてしなくていいの。ピンピンコロリでお願いよ」

逆説なら愛情。
本気で言っているのなら、晩年の人生に暗雲の予感である。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.