「生き方」の極意

人生ゴールは「同着」

投稿日:

死は必然である。

死を現世(人生)のゴールとすれば、万人がそれぞれ自分の人生において1着ということになる。
他人の人生を生きられない以上、そして自分の人生は自分でしか歩めない以上、人生レースにおいて競争相手はおらず、みんなが1着であり、同着である。

ところが、ゴールにおいて同着になるにもかかわらず、私たちは人を押しのけ、足を引っ張り、鼻先を競りながら生きている。

一休宗純は言う。
「生まれては死ぬるなりけり押しなべて 釈迦も達磨も猫も杓子も」

人生ゴールにおいて同着にもかかわらず、人と競うことの愚かさを「釈迦に達磨に猫、杓子」とユーモラスを装いつつ揶揄してみせる。

努力に意味がないのではない。
他人と競うことが愚かなのだ。

「人生のゴールは1着もビリもないでぇ。死んだらみんな同着や」

一休のそんな声が聞こえてくる。

-「生き方」の極意

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.