歳時記

価値観の変化

投稿日:

 連日、朝から夜中まで、森友・加計学園と日大アメフト部の問題がテレビで報じられている。
 だから愚妻は、テレビを観つつ、朝から夜中まで怒り、
「みんなウソつきばっかり」
 私をジロリとニラむ。
「わしは、これっぽっちもウソはつかん」
 あわてて弁解するが、
「あなたは私を騙してばっかりでしょ」
 と責めてくる。
 とんだ、とばっちりの日々である。
 それぞれの問題についてはここで書くまでもないが、世相に対する私の感覚としては、価値観が大きく変わりつつあるような気がしてならない。
 中央官庁の堕落、人格まで否定される政治家、セクハラ、パワハラ、体罰、勝利至上主義、マイノリティーの権利、大国のエゴ、男女機会均等、残業廃止・・・。
 さらに言えば、大企業でさえ経営危機に陥る。
 これまで、社会で是とされたもの、許容されてきた価値観が崩壊し、排除されてきた価値観が認められる。
 そんな時代のうねりを感じる。
 健康年齢を考えれば、私など今さらなすべきことは限られているが、著述業者として、あるいは僧籍にある者として、この変化しつつある時代にどう対処すべきか、いささか考えないでもない。
 価値観の変化は空白を生む。
 その空白に、何かを提言できればいいと、あれこれ考えているところなのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.